Posted by:admin Posted on:2017年4月27日

シミはどうしてできるの?

30代も過ぎると、たいていの女性のお悩みにシミ・ソバカスが追加されるのではないでしょうか。一旦できてしまったシミは、美白化粧水などを使ってスキンケアしても、なかなか薄くなるものではありません。そんなやっかいなシミは、主に紫外線を浴びすぎたことが原因で発症します。紫外線を浴びた肌にはメラニン色素が作られて、有害な波長が肌の奥まで届かないようにブロックします。このメラニン色素は、通常であれば肌のターンオーバーに合わせて表面に移動していき、やがて汚れと一緒に剥がれ落ちていきます。しかし、このターンオーバーは加齢とともに長くなるので、年齢を重ねたお肌にはシミとして残ってしまうのです。

ハイドロキノンが効く!

そんなシミを根本から解決したいなら、皮膚科などのクリニックに行くのがおすすめです。クリニックでは、ハイドロキノンが高配合されたクレームを処方してくれます。一般的な化粧品にもハイドロキノンは含まれていますが、クリニックのものは配合率が非常に高いという特徴があります。パッチテストを行って問題がなかったら、綿棒を使ってクリームをシミに塗布しましょう。この時、何でもないお肌にクリームが付くと白斑になることがあるので注意が必要です。また、ハイドロキノンは光毒性があるので、塗った後は日焼け止めを塗るのを忘れずに行い、シミが薄くなってきたら使用を中止します。適切な使い方をしていれば、一般的な化粧品とは違った高い効果を得られるはずです。

品川美容外科の裁判について調べる