Posted by:admin Posted on:2017年4月27日

コットンを使ってみよう

化粧水をつける際に素手で行う人が多いのですが、コットンを使ってみましょう。確かにいちいちコットンを使うよりも素手で行う方が簡単に行えるのですが、素手だとどうしてもムラになってしまいます。そのため肌にしっかりと化粧水を浸透させることが出来ません。コットンを使った場合、素手よりも化粧水を浸透させることが出来るので肌の水分量が増加します。ひと手間かかりますが、その分効果は大きいのでやってみましょう。また、コットンには値段が高いものから安いものまで幅広くありますが、安いものでも十分効果があります。とりあえず使ってみることが大切です。

マッサージを定期的に行おう

マッサージと肌の水分量は一見関係がなさそうですが、実は大きな関係があります。血行が良い状態の方が化粧水は浸透しやすいので、マッサージを行うことにより一層化粧水の効果を高めることが出来ます。出来ることならば化粧水を使う前に軽くマッサージをしておきましょう。またこの際、肌を強くこすらないようにすることが大切です。肌をこすってしまうと傷つける恐れがあるので気を付けましょう。マッサージすることと肌をこすることは全く違うので注意が必要です。

栄養をしっかりととろう

化粧水のように、外から直接水分を浸透させることも大切ですが、体の内側から水分を取り入れることも大切です。そのために栄養が重要となります。栄養価の高い食事をバランスよく摂取することで健康的でみずみずしい肌を実現することが出来ます。また、あまり油っこいものは食べないようにしましょう。肌荒れの原因となるので注意が必要です。

品川美容外科の告訴まとめサイト