Posted by:admin Posted on:2017年3月25日

睡眠が肌に与える影響の大きさ

吹き出物や乾燥に悩まされているなら、生活習慣を見直すことが大切です。個人個人が生まれ持った体質もありますが、生活習慣が肌の状態に与えている影響は大きいので、美を遠ざける悪習慣を断ち、美に近付ける良い習慣を取り入れましょう。

まず注目したいのが睡眠です。どれぐらいの長さの睡眠時間が確保できているか、に加えて、中途覚醒することなく熟睡できているか、と睡眠の質にも目を向けて下さい。就寝前に避けたい悪習慣として挙げられるのが、覚醒作用のあるブルーライトを放出するパソコンやスマートフォンの画面を見ることです。また、夜遅い時間に食事を取ると、胃腸が消化のために活動をしている状態が続き、体を休めようとしても、なかなか熟睡しづらくなってしまいます。寝る2~3時間前には食事を終えておくようにして下さい。

眠りの質を高めることで、肌のターンオーバーを促進し、美しい肌へと一歩近付けるのです。

適度な運動を取り入れることの大切さ

適度な運動をすることは、健康面のみならず、美容面でもプラスになります。運動の効果で体の巡りが良くなると、体温が上昇し、冷えが原因でできてしまうクマやシワを防げます。便秘がちな人の場合は、軽い有酸素運動によって、自然な便通が促されるようになり、便秘と関連性の深い吹き出物やニキビなどの肌トラブルを解消する効果も期待できます。

エレベーターを使わずに階段を利用する、隙間時間にウォーキングをする、といった習慣を身に付けて、肌状態を改善して、理想の美肌を作って下さい。

品川美容外科の2chについて調べる